丸投げは危険??業者さんに依頼した場合の落とし穴

色々な業者に見積もりを出してもらうのがベスト

何気ない日常から、入学式や卒業式、そして結婚式など人生の様々な場面を写真に残すことは、誰でも当たり前のように行っていることですよね。そんな写真をデータやプリントアウトしただけではなく、フォトブックとして残しておけば後からも見返しやすく、より大事な思い出の記念品となることは間違いありません。そんなフォトブックを業者に依頼するときには、ちょっと注意が必要です。フォトブックの業者はたくさんあるため、レイアウトにこだわりたい場合や写真の枚数を多くしたい場合などで、それぞれ作成料金や納期などが業者によって異なります。どこも同じだと業者に丸投げしてしまうと思っていたものと違うということもあり得るので、初めから1つの業者に絞って依頼するのではなく、複数の業者に見積もりを出してもらうことが大事です。

フィルム写真からもフォトブックを作れる

手軽に携帯電話やスマートフォンで写真が撮れるようになったことで、フィルムのカメラで写真を撮る場面は減っているかもしれません。ですが、昔フィルムのカメラで撮った写真が整理できずにいる人も多いことでしょう。そんな写真も、業者に依頼すれば簡単にフォトブックにしてもらえるので便利です。その際には、デジタル化サービスの業者に依頼して写真をスキャンしてもらうのですが、業者によってプランや料金設定は異なります。極端に安い料金設定の業者の中には、スキャンニングではなくカメラ接写といった方法を行っている業者もあり、カメラ接写で得られる画質は、スキャンニングで得られる画質より劣ってしまうため、画質にこだわりたい場合は注意が必要です。