フォトブックを作りたいけれど、どうしたら良いのかわからないという人は多いでしょう。実は業者さんに依頼する時と、自作する場合では知っておくと良いことが若干違います。今回はそれぞれの方法で押さえておきたいポイントについて紹介しているので、参考になればうれしいです。

業者さんを利用する

長期保存を希望しているなら!これだけは絶対に伝えておきたいこと

旅の思い出や子供の成長記録などせっかくフォトブックを作るのであれば、長く綺麗に残したいですよね。そもそも、フォトブックは単葉写真と比べて、ブック形式になっている分、保存性が高いのが特徴です。単葉写…

予算を抑えたい!複数の業者さんに見積もりをお願いしよう

フォトブックは、スマホやデジカメの画像から簡単に作れる写真アルバムのことで、写真やネガからも作成可能です。お手持ちのスマホやパソコンから、またはお店に直接来店してフォトブックを作ります。値段は業者…

丸投げは危険??業者さんに依頼した場合の落とし穴

何気ない日常から、入学式や卒業式、そして結婚式など人生の様々な場面を写真に残すことは、誰でも当たり前のように行っていることですよね。そんな写真をデータやプリントアウトしただけではなく、フォトブック…

自作する場合

どれが良い?フォトブックに入れる写真の選び方のコツ

フォトブックに入れる写真の選ぶ際、まずフォトブックのテーマやイメージを決めましょう。テーマを決めることが難しいという方は、家族や友人など誰でも構いませんので、どなたか一人を思い浮かべながらその人に…

一生の思い出に!シーン別のフォトブックの作り方

自分で手作りのフォトブックを作りたいと思っている方は、まず必要な道具をそろえましょう。と言ってもそれほど特別なものはいりません。必要なのはまずは写真、そしてパソコンかスマホ、それに写真編集用のソフ…

印象がまったく違います!フォトブックの綴じ方を工夫する

フォトブックを自作するなら

フォトブックの閉じ方をアレンジするだけで、全体の印象が大きく変わります。写真が素晴らしいプレゼントになるのです。表紙カバーに可愛い花や植物、レース、リボンなどを飾ると、インテリアとしても活用できます。フォトブックの閉じ方には、見開きの中央の部分がフラットになるレイフラットタイプ、紙の端を専用の糊で止めてあるタイプ、リングタイプのものなどバリエーションが豊富です。好みで選んでかまいませんが、レイフラットタイプはしっかりと見開くため写真を眺めやすく、プレゼントに喜ばれるでしょう。自作する場合は表紙カバーをどうしたらいいか、迷ってしまいますよね。フォトブックの第一印象が決まる重要な部分ですから、シーンに合わせて選択しましょう。

表紙にもこだわって最高のフォトブックを作ろう

重厚感があり、固いタイプのハードカバーの表紙は、お子様の成長記録や、大切な記念日などのシーンにぴったりです。薄く、柔らかいタイプのソフトカバーは、自分のための記録やオリジナルレシピ、旅行日誌など、どんなシーンにも活用できます。ハードカバーは質の高い、本格的なフォトブックを作りたい方に最適です。一方、ソフトカバーはカジュアルな仕上がりとなります。全体の質感やカラーを統一させて、世界に1冊しかない、味わい深いフォトブックを作ってみませんか。誕生日や父の日、母の日などはメッセージカードを手作りして表紙に貼り付けると、相手に思いが伝わるでしょう。表紙や裏表紙をコラージュする場合は、フォトブックの中の写真に関連する飾り付けを意識すると一体感を出せます。